Top >  アスペルガー症候群と自閉症 >  アスペルガー症候群はどこからどこまで?

アスペルガー症候群はどこからどこまで?

ともに、知能の遅れなど見られることがない病気といわれるアスペルガー症候群と自閉症ですが、その違いは何なのでしょうか?

一般的には自閉症の高度の形と分類されることが多いアスペルガー症候群ですが、一般の人がその違いを認識するには何を持って判断すればよいのでしょうか?



アスペルガー症候群は、一般的に精神機能の広い範囲、領域に含まれる発達障害(発達での拘りや偏り)という意味ですが、実際の臨床の現場では、自閉症及び自閉症に極めて似た特徴を示す発達障害の一般的な呼び名として用いられます。

アスペルガー症候群の始まりを知らしめたとされるイギリスの児童精神科医ローナ・ウィングは広汎性発達障害は、自閉症(自我に閉じこもる症状)の主な中枢症状として3つの特徴を定義しました。(これはアスペルガー症候群の特徴に記述しています)

これは、自閉症と大きな枠の中で定義されている極めて一般的な特徴になります。

この3つの特徴を持つものを自閉症と定義した上で、その種類に多動(ADHD)、感覚異常、睡眠異常、アスペルガー症候群、ADHD発達障害などが含まれるといわれています。

こちらについては、研究者などによって考え方や定義するものが違うため、専門といわれるお医者様にかかった場合も判断が異なることが多いのも現状です。

プロの研究者の中でも意見が割れる中、素人がこちらが自閉症で、こちらがアスペルガー症候群と判断することは不可能に近いことですが一般的に定義される意味としては、自閉症といわれる病気の中の一つの症候群と捕らえたほうが無難でしょう。


スポンサードリンク

その他アスペルガー症候群,自閉症の情報

アスペルガー症候群は精神病?

最近よく耳にすることが多くなった病気にアスペルガー症候群という病気があります。主婦の掲示板などでは、「自分の子供がアスペルガー症候群と診断されましたどうしよう」などというタイトルでのスレッドが目立ちます。慌てず正しい知識を身につけることが一番の対応なのです。


アスペルガー症候群と言われたら

もし自分がアスペルガー症候群と診断されたら、果たして嬉しいですか?それとも悲しいですか?
アスペルガー症候群の人は特にそんな感情もなく「ああそう」と納得するのではないでしょうか?
精神疾患、障害と言われることも本人たちにしてみたら、蚊にさされたくらいのことかもしれないのです。


アスペルガー症候群だって社会で認められる仕事ができる!

アスペルガー症候群、先天性の精神疾患だから・・・と何もかもあきらめてはいけません。
アスペルガー症候群でも社会に認められた人は大勢いるんです。
むしろその特異性を逆手にとって普通の人ができない仕事をすることも可能です。


アスペルガー症候群と診断された場合どうすればいいの?

見出し大人の場合、アスペルガー症候群と医師に診断されても、病院で専門医の治療を受けたり自らアクションを起こすことができます。ですが子供の場合は親の早期対処により今後の人生が180度変わることになり毎日接する親の負荷も軽減され、お互いに気持ちよく過ごすことができます。


アスペルガー症候群を疑った時

アスペルガー症候群の症状やアスペルガー症候群の特徴をみてひょっとして、ウチの子もそうでないかと疑う人は多いのではないでしょうか?
大人でしたら、Web上でもチェックリストなどや書籍もありますので、自分で判断することもある程度はできますが、お子さんの場合などのチェック方法を以下に記しますのでご確認下さい。


スペルガー症候群という病気について

子育てをしている母親であれば、必ず心配する病気の一つに上げられる病気といわれるアスペルガー症候群。
言い換えるとそれだけ、判断の難しい病気であるとも言えます。
実際に一昔前であれば、親の教育が悪い、もっと最近の昔でも個性と捉えられていた時期も実際にあったのです。
その特徴はいったいどんなものがあるのでしょうか?


アスペルガー症候群の一般的な症状

アスペルガー症候群の一般的な症状といっても、実際に大人であっても、相手に自分の意志や症状を適切に伝えることができるという人が少ない中、小さな子供や小学生では、自分の気持ちや症状を他人に適切に伝えることが極めて難しいことになります。

症状として見受けられるものを洗い出して見ました。


アスペルガー症候群の歴史

最近よく耳にするようになり、雑誌やメディアでも大きく取り上げられるようになった アスペルガー症候群。

そもそも、これはいったいどんな病気で何を意味しているのでしょうか?

主な特徴としては、大きく分けて3つあります。
①社会性の障害
②言語発達・コミュニケーション能力の障害
③行動の障害 であるといわれます。

この病気について、どういう経緯で広く認知されていったのか、そういう説明からしていきます。


アスペルガー症候群の大きな特徴とは。非常に興味対象するものが狭い

アスペルガー症候群の大きな特徴として、
まず挙げられるのが、趣味の範囲が広く浅くではなく、
非常に狭く、そして深い事が言えるのです。

アスペルガー症候群とは。どんな病気なのか

アスペルガー症候群という病気(疾病)を知っていますか?自閉症という言葉は
以前からよく聞きましたが、アスペルガー症候群はあまり聞きなれないですね。
ここでは、アスペルガー症候群について詳しく説明します。

アスペルガー症候群の症状と傾向

アスペルガー症候群の特徴として有名なものは、大きく分けて3つあります。
それは、①社会性の障害 ②言語発達・コミュニケーション能力の障害
③行動の障害 であるといわれます。

アスペルガー症候群の特徴は?社会性の障害

アスペルガー症候群は、最近になって注目されるようになってきた病気です。
しかし実はこの病気は、病気というほど日常生活に支障のない疾病です。

アスペルガー症候群の特徴は?言語発達・コミュニケーション障害

アスペルガー症候群は、今まであまり病気とは認識されてこなかった疾病で、
日常生活に深刻な支障を与えるような症状がないため、一般には
あまり認知されていません。

アスペルガー症候群の特徴は?行動の障害

アスペルガー症候群の子供は、特定の行動を繰り返したり熱中することが多く、
周りから見ると”融通が利かない”とか”こだわりが非常に強い”という
印象を持たれる特徴があります。

アスペルガー症候群と自閉症の違いを見分ける

アスペルガー症候群は、自閉症と似た症状を示します。ここでは、”自閉症”に
ついて、詳しく説明します。

アスペルガー症候群の診断の基準は?

アスペルガー症候群は、特に子供の時に多く見られる疾病です。
しかし、この疾病の診断は、何を根拠に行われているのでしょうか?
アスペルガー症候群の診断について、お話します。

アスペルガー症候群の治療方法を紹介

アスペルガー症候群の患者・患児はどのようにして治療しているのでしょう?
ここでは、その治療方法について、紹介します。

アスペルガー症候群の有名人を紹介!

アスペルガー症候群は、3歳以降の子供で発症しやすい疾病であると
考えられています。成長するにしたがって、症状があまり目立たなくなる人も
いますが、そのまま社会人になって苦労する人もいます。


アスペルガー症候群と自閉症

アスペルガー症候群と自閉症の違いはどこにあるのか。

関連エントリー

アスペルガー症候群はどこからどこまで?
アスペルガー症候群と自閉症の違いを見分ける